昭和60年地図(大阪鶴見緑地)(昭和60年~昭和64年の写真)

昭和60年地図(大阪鶴見緑地)昭和60年地図(大阪鶴見緑地)

鶴見緑地は、以前大阪市のゴミ捨て場でした。大阪の端で当時は、何もなった場所でしたので、ゴミ処分場として利用されていました。多分、ゴミが満タンになり、もう捨てることができなくなったので、上から土をかぶせて公園にしたのでしょうかね。ただ、以前のゴミ捨て場というイメージが残っており、このあたりの開発は遅れていたのですが、「花と緑の博覧会」通称花博を開催することで、このイメージを払拭しながら地域開発を行う計画を立てたんですね。ゴミ処分場で、緑の博覧会をするというのは、非常にすばらしい作戦で、大阪と言えば行政の行うことは、失敗場なりですが、この案は非常に私はすごいと感心しました。
現に、鶴見緑地界隈はマンションが立ち並び、多くの住民がすむようになり、昔のゴミ処分場というイメージを持つ人はかなり減ったとおもいます。
博覧会自体は、正直期待外れでしたが、大阪市としては良かったのかもしれませんね。

電電公社職員地図より

【注意】画像の無断複製、無断利用を禁じます。

年代
昭和60年~昭和64年
場所
大阪府
分類

写真提供者
作業員さん
提供協力者
掲載日
評価する
1 Star2 Stars3 Stars (1 votes, average: 3.00 out of 3)
[PR]

[広告]昭和世代にオススメ!

『昭和60年地図(大阪鶴見緑地)』への書き込み

昭和60年地図(大阪鶴見緑地) へのコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。