昭和61年任天堂ディスクシステム(昭和60年~昭和64年の写真)

昭和61年任天堂ディスクシステム

昭和61年任天堂ディスクシステム昭和61年任天堂ディスクシステム2587c

任天堂のファミリーコンピュータのカセット式ゲームソフトにフロッピーディスクを外付けできる追加パーツ。

「やればやるほど、ディスクシステム」というキャッチコピーで話題になったが、あっというまに消滅。このディスクが112キロバイトで当時のカセットの3倍程度の容量だったことからも当時は最先端システムだった。しかしながら、セーブ機能が無く、のちにカセットにセーブ機能が付いたので、カセットの人気が高まり、ディスクは人気が薄れた。そして、間もなくスーパーファミコンが登場し、短命に終わった。(提供者)

【注意】画像の無断複製、無断利用を禁じます。

年代
昭和60年~昭和64年
場所
分類

写真提供者
こぞう
提供協力者
掲載日
評価する
1 Star2 Stars3 Stars (1 votes, average: 3.00 out of 3)
[PR]

[広告]昭和世代にオススメ!

『昭和61年任天堂ディスクシステム』への書き込み

昭和61年任天堂ディスクシステム へのコメント

昭和61年任天堂ディスクシステム” への1件のコメント

  1. じぇじぇ より:

    懐かしい。当時は高額商品でしたので、私は購入できず。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。