昭和60年国鉄自動改札機(昭和60年~昭和64年の写真)

昭和60年国鉄自動改札機昭和60年国鉄自動改札機


今みれば、かなり質素に感じますが、機能的なものやデザインはほとんど変わっていないことから、かなり完成度の高いものを最初から作ったんですね。自動改札機は、オムロンさんだったと思うのですが、大阪の私鉄で最初導入したそうですが、完成度が高かったことから一気に私鉄に広まり、そして国鉄でも導入されましたね。国鉄の改札といえば、カチカチと入鋏の音が響き、切りカスが落ちている光景がいきなり機械になったときは、かなり違和感を感じました。ただ、当時はほとんどの国鉄の切符が自動改札非対応のものがおおかったので、意外と自動改札は使われていませんでしたね。しかし都心部で自動改札が定着してからは、皆が使うようになりましたね。
そういえば、この当時、シャチハタのような、スタンプ式の入鋏が使われていましたね。覚えている方はいらっしゃるでしょうか?あれはいつごろつかわれていたのでしょうかね?

【注意】画像の無断複製、無断利用を禁じます。

年代
昭和60年~昭和64年
場所
分類

写真提供者
RYUJIさん
提供協力者
掲載日
評価する
1 Star2 Stars3 Stars (3 votes, average: 3.00 out of 3)
[PR]

[広告]昭和世代にオススメ!

『昭和60年国鉄自動改札機』への書き込み

昭和60年国鉄自動改札機 へのコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。