昭和56年地図(彦根市)(昭和50年~昭和59年の写真)

昭和56年地図(彦根市)昭和56年地図(彦根市)「昭文社近畿道路地図」より

彦根は彦根城が本来有名で、実はあまり知られていませんが
彦根城は国宝に指定されています。それほど大きくもなく地味な存在ゆえに、あまり有名ではありませんが、マニアの間では、もちろん有名な城です。
この城は、あの井伊大老で有名な、井伊家の居城です。なぜ、井伊家が彦根なのかと不思議におもわれるかもしれませんが、彦根は、北に北陸、南に京都、東に東海道、中山道という交通の要所で、昔から、決戦の地になっていました。
関ヶ原もすぐそばで、ここは、琵琶湖を使えば、京都にも船でルートを持てるまさに日本の勢力の要所です。ですので、織田信長の時代から、この地は、豊臣秀吉や、石だ光成などがこの地を守っていました。そして、井伊もこの地に就いたんですね。
そんな、彦根も新幹線では、米原駅ができたので、彦根は駅ができず、地味な存在になっていました。
そんななか、いきなり、ひこにゃんなるスターがあらわれたんですね。
もちろん、愛嬌のあるキャラクタですが、あそこまで有名になるとはびっくりです。

【注意】画像の無断複製、無断利用を禁じます。

年代
昭和50年~昭和59年
場所
滋賀県
分類

写真提供者
神戸貞夫さん
提供協力者
掲載日
評価する
1 Star2 Stars3 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 3)
[PR]

『昭和56年地図(彦根市)』への書き込み

昭和56年地図(彦根市) へのコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。