昭和59年国鉄乗車券特急券(特急白鳥、特急北斗星)(昭和50年~昭和59年の写真)

昭和59年国鉄乗車券特急券(特急白鳥、特急北斗星)

昭和59年、62年 日本国有鉄道切符(コンピュータ化された切符)

国鉄が、いよいよ赤字が問題になり、民営化される前の切符です。

ここにある切符は、国鉄大阪駅から国鉄札幌駅まで一般の特急列車を

使い、できるだけ安く早く北海道に行ける手段で見つけたものです。

どちらの方向からも同じですが、大阪から札幌へ行く場合は、

当時大阪>青森間を約14時間かけて走っていました

「特急白鳥号」に乗車します。

大阪駅AM10:30出発し、京都>敦賀>金沢>富山と走ります。

大体、このあたりで1回目の疲れがきますね。

ここは、ビールや弁当などを食べて乗り切ます。

そうすると、少し眠気がでますので、うとうとして時間が

建ちますと、やっと新潟駅ですね。

ここで、電車の方向が逆向きになるので、乗客総出で

椅子の方向を変えます。(これは、半分の距離で運転者を変えて

やすませているのでしょうか?一般の特急なので、前の機動車

を変えるわけにいきませんから、ぎゃくにしているのですかね?)

問題は、ここからです。とにかく新潟県がでかい!

ようやく、山形に入ったと思う頃には、疲れも限界。

秋田あたりでは、乗客は椅子に横になり、ほとんどの

乗客はねています。

真夜中に青森駅に到着すると、長い廊下を歩き、

青函連絡船に乗船です。

船は面倒ですが、なんといっても、横になり、

足を延ばして寝ることができるので、

実は天国です。!!ブールもうまい!!

浅い眠りの中、函館下船のために

起きねばなりません。疲労困憊。。。

船を下り、函館駅のホームに行けば

札幌に向かう特急が2台待っています。

1台は北斗星で、こちらは電車の特急で

室蘭千歳経由。

もう一つは、ディーゼル特急で、ニセコ、余市経由の函館本線の特急。

もう、疲れているので、北斗星に明け方4:50に乗車し、

意識がもうろうとしている中、千歳で人が沢山乗ってきて、

札幌にようやく朝10時前に到着。

もう、特急白鳥は廃止されたようですね。

今は、この路線は、トライライトエキスプレスというリッチな寝台特急が

橋っています。

んー、一度でいいので、寝台でゆっくり車窓を眺めて旅したかったです(管理人)

【注意】画像の無断複製、無断利用を禁じます。

年代
昭和50年~昭和59年
場所
分類

写真提供者
我が昭和
提供協力者
掲載日
評価する
1 Star2 Stars3 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 3)
[PR]

[広告]昭和世代にオススメ!

『昭和59年国鉄乗車券特急券(特急白鳥、特急北斗星)』への書き込み

昭和59年国鉄乗車券特急券(特急白鳥、特急北斗星) へのコメント

昭和59年国鉄乗車券特急券(特急白鳥、特急北斗星)” への1件のコメント

  1. 我が昭和 管理人 より:

    国鉄最後の思い出に長距離旅行されたのでしょうか?
    かなりの長距離ですね。
    トワイライトエクスプレスの路線ですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。