昭和40年乳母車(昭和40年~昭和49年の写真)

昭和40年乳母車昭和40年乳母車
現在の乳母車はすごい進化ですが、この乳母車は
今見ればこっけいな形をしていますが。当時としては、かなり最新式だったんですね。
この当時は、子連れ狼のような、箱型の乳母車が主流で、現在のような椅子型は、まだ一般化していません。まず、乳母車のタイヤ4輪にはスプリングがついており、揺れない構造になっていました。(しかし、現実は、バネで逆に揺れるわけで、赤ん坊はどんなのりごこちだったのでしょうね。そして、かごになっている部分は外側がビニール製で内側が布になっており、周りの金具につられているような、ハンモック状態になっています。そこには板が敷いてありますので、ハンモックというよりも、ブランコですね。そして、日よけは、雨除けにもなる大型の折り畳み式。とうじとしては、すごかったんですね。
しかし、それにしても、最近はこの形の乳母車をほんとうに見かけないですね。唯一見かけるのは、山道のわきにある不法投棄のゴミの中に、たまに見かける程度ですね。(by管理人)

 

【注意】画像の無断複製、無断利用を禁じます。

年代
昭和40年~昭和49年
場所
大阪府
分類

,

写真提供者
我が昭和
提供協力者
掲載日
評価する
1 Star2 Stars3 Stars (4 votes, average: 3.00 out of 3)
[PR]

[広告]昭和世代にオススメ!

『昭和40年乳母車』への書き込み

昭和40年乳母車 へのコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。