昭和45年 日本万国博覧会 リコー館&古河パビリオンスタンプ(昭和40年~昭和49年の写真)

昭和45年 日本万国博覧会 リコー館&古河パビリオンスタンプ昭和45年 日本万国博覧会 リコー館&古河パビリオンスタンプ

大阪万博のスタンプ帳より。リコー館のひと際目を引く直径25mの球体は「天の眼」。遠隔操作によって、上昇・下降・回転を行い、内側には多面蛍光灯とビームライトが内蔵されていて、夕暮れ時には輝いていたそうです。下部には直径8mの瞳があり、地上のあるものをその瞳に写し出します。 大きな目玉のようでインパクトが強いですね。(by提供者)


この目玉ですが、正直気味悪かった思い出があります。当時は、意味もわからず、何なのかさっぱりわからないままに、リコーは気持ち悪いイメージが焼付きました。なんだかショッカーの基地のような気味悪さが脳裏に焼き付きました。完全なトラウマです。そういえば、企業のトラウマといえば、出光(イデミツ)のガソリンスタンドのあの顔のマークです。すごく怖い顔で、オバケや呪いがありそうでこれもトラウマでした。未だに出光の顔のマークを見ると、気持ちが暗くなってしまいます。多分、嫌な想い出と重なって記憶に刷り込まれたのでしょうね。皆さんもそういうことってございませんか?(by管理人)

【注意】画像の無断複製、無断利用を禁じます。

年代
昭和40年~昭和49年
場所
大阪府
分類

写真提供者
junk apartment さん
提供協力者
掲載日
評価する
1 Star2 Stars3 Stars (3 votes, average: 3.00 out of 3)
[PR]

『昭和45年 日本万国博覧会 リコー館&古河パビリオンスタンプ』への書き込み

昭和45年 日本万国博覧会 リコー館&古河パビリオンスタンプ へのコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。