昭和45年万国博覧会 エキスポタワー(昭和40年~昭和49年の写真)

昭和45年万国博覧会 エキスポタワー昭和45年万国博覧会 エキスポタワー

毎日新聞社発行、福田芳文堂製作。B4サイズ程のミニポスターの中の1枚。会場一の高さ124m。(127m?)大阪万博のランドマーク、エキスポタワーです。2005年愛知万博にて総合プロディーサーを務めた菊竹清訓氏の設計。1990年には展望台としての役割を終え、2003年の完全撤去までメンテナンスを行うこともなく、放置状態で寂しげに朽ちていました。(by提供者)

万博関連商品はこちらで取扱があります→http://junk-apartment.com/?mode=grp&gid=403788&sort=n

【注意】画像の無断複製、無断利用を禁じます。

年代
昭和40年~昭和49年
場所
大阪府
分類

写真提供者
junk apartment さん
提供協力者
掲載日
評価する
1 Star2 Stars3 Stars (3 votes, average: 3.00 out of 3)
[PR]

[広告]昭和世代にオススメ!

『昭和45年万国博覧会 エキスポタワー』への書き込み

昭和45年万国博覧会 エキスポタワー へのコメント

昭和45年万国博覧会 エキスポタワー” への4件のコメント

  1. 我が昭和 管理人 より:

    千里住民さま
    コメントありがとうございます。
    そうですね。高速道路や幹線道路からすごく見えましたね。太陽の塔よりも、道路からは目立っていましたね。

  2. 千里住民 より:

    この塔、地元の人間にとっては、不気味でしたが、愛着があり、この塔がみえれば、帰ってきたなあと思えたものでした。無くなってしまうと、寂しいです。

  3. 我が昭和 管理人 より:

    さだおさま
    このタワーですが、設計の段階から何度も見直しされ、各種パンフには、変更前のイメージのままのものもあったらしく、万博終了後は色を塗り替えた?ようで、記憶が曖昧になりますね。一説によれば、あのサイコロのようなものは、未来の住居をイメージしたらしく、いわば未来のマンションをイメージしたものという話を聞いたことがあります。本当かどうかは、わかりませんが。

  4. さだお より:

    このタワーですが、確か当時は、サイコロのようなものが、上下に動いていた?ような記憶があるのですが、そもそもこのいびつな形は、何をイメージしているのでしょうか?解らないです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

写真投稿はこちらから