昭和31年後楽園球場読売ジャイアンツ(昭和30年~昭和39年の写真)

昭和31年後楽園球場読売ジャイアンツ昭和31年後楽園球場読売ジャイアンツ
わずか、終戦のどん底から10年でこの光景なんですね。国民がこれだけ娯楽に楽しみを求めるほど、国の復興が進んだんですね。東京巨人軍は、この当時からスター選手がいたので、人気もすごかったわけですね。現在のプロ野球の感覚でこの写真を見ていて、ふと思ったのですが、この試合の大阪タイガースの選手は、試合のたびに、あの東海道本線を8時間以上かけてやってきていたのですね。移動に疲れて試合どころではないのかもしれませんね。しかし、現在のアメリカのマイナーリーグでも、バスで8時間移動ということもあるそうですので、当時としては、普通に試合をしていたんでしょうね。さすがに、当時は現在よりも試合数はすくなかったんでしょうね。(by管理人)

【注意】画像の無断複製、無断利用を禁じます。

年代
昭和30年~昭和39年
場所
東京都
分類

写真提供者
Sさん
提供協力者
掲載日
評価する
1 Star2 Stars3 Stars (2 votes, average: 4.00 out of 3)

『昭和31年後楽園球場読売ジャイアンツ』への書き込み

昭和31年後楽園球場読売ジャイアンツ へのコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。