昭和38年京都市地図(拡大京都駅界隈)(昭和30年~昭和39年の写真)

昭和38年京都市地図(拡大京都駅界隈)昭和38年京都市地図(拡大京都駅界隈)
やはり昔の地図なのでわからないものが沢山掲載されています。その中でも京都駅前の京都タワーあたりに、「丸物」という謎の記載がございます。一体これは何でしょうか?京都タワーのことかと思ったのですが、場所もずれているようですし、一体何なのでしょうか。ご存知の方がいらっしゃればコメントいただければ幸いです。もうひとつ、地図の東側になりますが、現在の「渉成園」といわれているところですが、この地図では、「和毅邸」???なる記載になっていますが、誰かのいえだったのでしょうか? ひつつづつを見るとしらないことが沢山書かれていますね。
新幹線の予定線路が記載されていますね。
そういえば、近鉄の京都駅は、新幹線の下になっていますが、工事期間中は駅はどうなっていたのでしょうか。多分移動することもなかったのでしょうから、足場の間に駅があったのでしょうか?
近鉄京都駅は、違和感を感じる構造ですよね。

【注意】画像の無断複製、無断利用を禁じます。

年代
昭和30年~昭和39年
場所
京都府
分類

写真提供者
KOZさん
提供協力者
掲載日
評価する
1 Star2 Stars3 Stars (1 votes, average: 4.00 out of 3)
[PR]

[広告]昭和世代にオススメ!

『昭和38年京都市地図(拡大京都駅界隈)』への書き込み

昭和38年京都市地図(拡大京都駅界隈) へのコメント

昭和38年京都市地図(拡大京都駅界隈)” への2件のコメント

  1. 我が昭和 管理人 より:

    イケさんさま
    コメントありがとうございます。
    丸物という百貨店の名前は、初めて知りました。地元では有名だったんですね。
    からたちの生垣とはおしゃれだったんでしょうね。情報有難うございます。

  2. イケさん より:

    懐かしいですね。『丸物』は昔あった百貨店です。また渉成園は、邸宅周辺が枳殻(からたち)の生垣であったことから枳殻邸(きこくてい)とも称されたということです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

写真投稿はこちらから