昭和38年ナショナル乾電池ネオハイトップ(昭和30年~昭和39年の写真)

昭和38年ナショナル乾電池ネオハイトップ昭和38年ナショナル乾電池ネオハイトップ


通称黒電池。一般庶民は赤電池でしたが、近所の金持ちはこの黒電池をおもちゃに使っていました。当時は、黒電池はすごい電池だったのですが、いまではアルカリ電池になり、どんどん電池も進化していますね。
ただ、この時代、電池と言えばナショナルの赤と黒電池しかしたことがなかったのですが、それは関西だったからでしょうかね。関東では東芝の電池が主流だったのでしょうか?学校の工作でも、やはりナショナル電池しかみたことがない人間が、初めて東芝や日立の電池をみて驚いたものです。
そういえば、当時はこの電池の貯金箱が多くの家にありました。多分、ナショナル店会の店でもらったんでしょうね。(by管理人)

【注意】画像の無断複製、無断利用を禁じます。

年代
昭和30年~昭和39年
場所
分類

写真提供者
しんじさん
提供協力者
掲載日
評価する
1 Star2 Stars3 Stars (2 votes, average: 3.00 out of 3)
[PR]

[広告]昭和世代にオススメ!

『昭和38年ナショナル乾電池ネオハイトップ』への書き込み

昭和38年ナショナル乾電池ネオハイトップ へのコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。