昭和37年製ブラザーミシン(昭和30年~昭和39年の写真)

昭和37年製ブラザーミシン昭和37年製ブラザーミシン


現在も活躍中の昭和37年製のブラザーミシンとのことです。詳しく見えませんが、多分ミシン本体が、机の下に収納できるタイプのものだと思われます。本体を立ち上げるときに、鉄の塊なので、結構重いのですね。もちろん、当時は足こぎペダルだったので、横の手で回すハンドルに、あの茶色の独特のひもをかけて、足でギコギコ回すのですが、素人にはうまく回せず、逆行したり、スピードを一定に保てず、難しいシロモノでした。今では、ボタンでいろいろ操作できますが、この時代の縫い幅などは、ダイヤルを調整して設定するのですが、このダイヤルが当時は精密機械のようで恰好よかったです。使わないときは布がかけられ、微妙な机といいますか、物置きになっているんですね。今考えれば、かなり重量があるものですね(by管理人)

【注意】画像の無断複製、無断利用を禁じます。

年代
昭和30年~昭和39年
場所
分類

写真提供者
Jerryさん
提供協力者
掲載日
評価する
1 Star2 Stars3 Stars (6 votes, average: 3.00 out of 3)
[PR]

『昭和37年製ブラザーミシン』への書き込み

昭和37年製ブラザーミシン へのコメント

昭和37年製ブラザーミシン” への1件のコメント

  1. まんだむおやぢ より:

    足ペダルのベルトが何ともなつかしいですなあ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。